Gibson ES-275

ギター紹介です。今回はGibson ES-275です。

 

 

これはギブソンが作った新製品のギターなんですが、なるほど市場の意見を汲み取っていて、結構売れそうって言う感じの良いギターです。まずギターの大きさが15.5inchとES-175よりちょい小さい。そして厚みが薄いです。これによって非常に扱い易いですね。もう抱えていてノンストレスと言うか。ジョイントも16フレットからでハイポジも弾きやすかったり、痒いところに手が届きまくっているギターです。

 

 

トップ板の厚さはES-175と同じ位ですね、この辺はWestvill Coronaとは大分違う。Coronaよりは鳴りを抑えているって言う印象は無いんですが、Gibsonで合板だと伝統的にハウリングには強いので、やっぱりその辺は積み重なったノウハウもあるのでしょう。

音の方はどっから切り取ってもTHE GIBSONって感じです。もうギブソンらしさを強調しまくってる感じで、どうセッティングしようがとりあえず80点以上のジャズトーンです。セッションとかライブとかで音作りにおいて一から試行錯誤する必要が無いと思うので非常に楽だと思います。更に小さい事によって低音弦が暴れたり、膨らみすぎたりといった、フルアコ特有の問題も無くて、高音弦はブライトな方向に抜けるので、そこも楽だ、と思いました。

しかしなんとなく全体的に明るい感じなので、ES-175とかのダークなトーンってのとはまったく違う感じですね。しかしサドスウスキーとかWestvillとか寺田製の楽器とはまったく違うギブソントーンなので、今からギブソンの現行品からフルアコ一本選んでって言われたらL-5でもES-175でもなく、これになる人は結構多いのでは無いでしょうか。

取り敢えず非常に良く出来ていると思いましたねー。