Westville Corona

生徒さんのギター紹介です。
これは凄いギターでした。ウォーキンのオリジナルブランドのWestvilleのCoronaですね。

 

 

これが中々面白いコンセプトのギターでした。今までもあるのかも知れませんが、知ってる限りでは初めてのコンセプトのギターでした。

 

 

まずトップ単板でフローティングPUのギターなんですが、トップ板が単板で大分厚いです。ES-175の1.5倍、L-5Cとかジョニースミスとかと比べると2倍位。そして恐らくサイド、バックも同様の厚さなのでしょう、サイズが15インチ位で小さいのに、重量が結構あります。最初センターブロック入ってるのかと思いましたね。なのトップ単板でフローティングのギターとしては生鳴りは相当抑えられてます。それによってアンプに入れた音が凄く良い感じでした。ハウリングも結構抑えられてます。

つまりビルトイン(ES-175やL-5CESみたいな)のアンプリファイズされた音の良さやハウリングに強い部分とトップ単板フローティング(L-5Cやジョニースミスモデル)のアコースティック感があってダイナミクスが広いと言う部分の良いとこ取りした感じです。

このトップ単板のフローティングPUのギターってのは手工品の超高級品なんかに多いんですが、生音はリバーブ感あって透き通る様な音色で美しかったりするんですが、トップ板が薄く、生鳴りを重視している為にとにかくハウリングします。またアンプに入れた音色が安物のアコギを増幅しているような感じにもなったりして、中々使い所が難しかったりします。

そういった弱点部分を解消しているギターって言う感じなんですがまあ考えるだけなら簡単ですが、実際にここまでのクオリティに機能も音色も持ってくるのは物凄い試行錯誤があったのだろうなと想像されます。

とても良いギターでした。