ドロップ2ツーファイブボイスリーディング

今までは基礎練的なVoice ReadingのExerciseを紹介してきました。今度はより実践的に実際のコード進行でVoice Readingしてみましょう。

ジャズの代表的な進行である、ツーファイブでVoice Readingをしてみましょう。ここではKey=Cを取り上げます。

Voice Readingのルールは弾き続き

  • 一番近い音に連結する
  • コモントーン(共通音)があればキープする

このルールです。

では見ていきましょう。

 



D-7をRoot invからVoice Readingするとこうなります。ボトムを見るとルート、5度、ルートって流れですね。

 



D-7を1st invからVoice Readingするとこれ。ボトムを見ると3度、7度、3度。

 



D-7を2nd invから始めた形。ボトムを見ると5度、ルート、5度。

 



D-7を3rd invから始めた形。ボトムは7度、3度、7度ですね。

 

Drop2 Two Five voice reading

以上の4種類ですね。ツーファイブワンの様にコードが4度で進行していく場合ボトムの動きが規則的に現れます。どれも一番基礎的な形なので抑えておきたいですね。

練習のバリエーションとしてはこれは5弦ボトムだけのセットなので

  • 6弦ルートのセット
  • 4弦ルートのセット

上記のポジションもやっておくと良いと思いますよ。