ドロップ2ヴォイシング

Drop2 Voicingを覚えてみましょう。

Drop2 Voicingはジャズの定番のヴォイシング方法で、まず覚えておきたいコードの弾き方です。

Drop2 Voicingは4way close voicingの上から2番目の音を1Octove下げたVoicingです。2番目の音を下げるからDrop2と言う事になっています。

まず元となるVoicingを見て見ましょう。

4way Close Voicingと言ってボトムからトップまでが1octove内で構成されたコードです。そしてVoicingはひとつではなく、ひとつづつ音が繰り上がって行き全部で4つ存在します。この繰り上がって行く事を転回と言います。転回の事はInversionと言います。略してinv。

 

 

これが4way close voicingですね。ボトムの音がひとつづつ繰り上がって(転回されて)4つのVoicingが出来ました。

それでは上から2番目の音を1Octove下げます。

 

 

こうなりました。これがDrop2 Voicingですね。ひとつづつ詳しく見て行きましょう。

 

 

これがCmaj7で弾けるDrop2 Voicingの形ですね。基本的には4種類あって、その4種類を6弦、5弦、4弦ルートがあります。

 

 

C7です。これも6弦、5弦、4弦ルートがあります。

 

 

C-7です。こちらも6弦、5弦、4弦ルートがあります。

 

 

C-7b5です。これも6弦、5弦、4弦ルートがあります。

 

 

Cdim7です。これも6弦、5弦、4弦ルートがあります。Diminishコードはコードトーンが短三度間隔なのでコードフォームが同じですね。

 

Drop2 voicing

 

初めてこういったVoicingを弾く方はまずコードのルートから始まらないフォームがこんなにあるのかと思うかもしれません。そして最低音がコードのルートではないので何のコード押さえてるのか良く分からないとかもあるかも。そこは「俺は3度ボトムのCmaj7を弾いているんだ」と思ってください。最低音がEでもGでも転回形を弾いてたらCmaj7です。

Drop2 Voicingはジャズギターでは代表的なそして、必須とも言えるヴォイシングです。是非覚えてみてください。

次回はDrop2 Voicingを自分のヴォイスにする為のエクササイズを紹介します。