オープントライアドヴォイシングを弾いてみよう

クラシカルな響きで、シンプルなだけに応用範囲も巨大。バッハの時代から昨今のコンテンポラリージャズまで頻出のヴォイシングであるオープントライアドを弾いてみましょう。

 

Open Triad Voicingとは?

 

 

Open TriadとはClose Triadの真ん中の音を1octove上か下に移動したものです。クローズヴォイシングをオープンにするヴォイシングのテクニックの事をオープントライアドと言います。これはClose Triadより響きが良く使い勝手も良いですし、トライアドと言う極めてシンプルなヴォイシングを元にしている為、応用の範囲はとてつもなく広くシングルラインに転用したり、アッパーストラクチャートライアド等の代理和音で使ったりと様々な形に変化させる事が可能です。と言う事で是非覚えたい!と言えますね。

 

Open Triad Voicingの作り方

 

まずClose Triad Voicingがこうです。

 

上記のTriadの2番目音を1octove上げます。

 

こうなりました。1オクターブ内に収まっていた和音が、1オクターブ以上にレンジが広がりました。これがOpen Triadです。

 

実際のポジション例

 

ここからは実際のポジション例です。

 

Open Triadには転回形が2種類の計3種類のVoicingがあり、6弦 5弦 4弦ルートがあります。

 

C

 

 

C-

 

 

C+

 

 

こちらはオーグメントトライアド、同弦上だと形が一緒ですね。オーグメントトライアドの4thルートだけ2弦の音を3弦に持ってきても良いかなと思います。好みで選んでください。

 

Cdim

 

 

最後にディミニッシュトライアド

 

Open Triad Voicing

 

とても良いサウンドなので是非覚えましょう。

 

ヴォイスリーディングエクササイズ

 

Open Triad Daiatonic Voice Reading

 

まずはDaiatonic ChordでのVoice Readingをやってみましょう。

 

 

Open Triad Daiatonic Voice Reading

 

良いサウンドですね。

 

Open Triad 4th Cycle Voice Reading

 

こちらも良いサウンドなので是非やってみてください。

 

 

 

Open Triad 4th Cycle Voice Reading

 

とても良いサウンド、大好きです。

これはメジャートライアドだけですので練習のバリエーションとして

  • Minor Triad
  • Augmented Triad
  • Diminished Triad

は練習してみるのがオススメ!

 

Open Triad Melodic Minor Diatonic Voice Reading

 

メロディックマイナーのダイアトニックコードだとオーギュメントが出てきますね。メジャーダイアトニックになれたらこちらを練習するとディミニッシュやオーギュメントと言ったコードもカバー出来ます。

 

 

Open Triad Melodic Minor Daiatonic Voice Reading

 

とても有用です。いろんなキーでやってみましょう。